東北総合選手権大会

2019/7/20

岩手県花巻市で開催された東北総合選手権大会に出場いたしました。

開会式ではシンジ主将が若干のハプニングを乗り越えて、高らかに選手宣誓を行いました。

初戦の相手はみやぎソフトボールクラブ。

東北大会常連の格上です。

初回、2点を先制されて迎えた2回表の攻撃、カケルがチーム初安打を放つと3連打でノーアウト満塁のチャンスを迎えます。

1アウト後、この日デビューのまなつが放った浅いセンターフライでカケルが果敢にホームに突入しギリギリ生還。

続くカズノリとフルサワの連続タイムリーでこの回一挙4点を挙げて逆転します。

2回からはまなつが公式戦初登板し、緊張の中で力を見せ、2イニングを1点に抑えます。

しかし3回以降追加点を奪えずに迎えた4回裏。

強烈な暑さの影響もあり、まなつがコントロールに苦しみ逆転を許すと、リリーフしたミツルが満塁ホームランを被弾。

気が付けばあと1点でコールド負けの状況になってしまいます。

この状況で滝沢クラブのメンタルモンスター、カケルが登板します。

1アウト満塁となり、3塁走者が還れば試合終了となる状況で、センター深部へフライが上がり、タッチアップで三塁走者が生還。

リードして迎えた4回裏でしたが、この回11失点。4-14の4回コールド負けを喫しました。

大敗ですので当然ながら課題は山積ですが、格上を相手にチームとして手応えを感じたところもあり、

反省会では「やっぱり東北大会は楽しい!」「強くなりたい!」ことをチームで共有しました。

大変お待たせしました。

「今日のカケル」

試合前に前髪を気にする一コマ