岩手県民体育大会

2019/6/29

曇天の中、監督会議にギリギリ到着する監督にメンバーがやきもきしつつ岩手県民体育大会に出場いたしました。

昨年は3連覇をかけて挑んだものの敗れてしまい、今年は再び頂点を目指す戦いとなります。

相手は奥州市。

序盤から先発のシンジが制球に苦しみビハインドを許す展開。

点の取り合いを想定していましたが、繋ぐ意識を持ちすぎたのか、いつものスイングが出来ずに援護点が取れません。

無得点のまま迎えた3回、2番フルサワが放ったライナーが相手投手の首を直撃し、続投不能とさせてしまいます。

(この場を借りて、改めてお見舞い申し上げます。)

打ちあぐねていただけに、アクシデントとはいえここで流れを引き寄せたいところです。

しかし替わった相手投手にもタイミングが合わず、4点を返すのがやっと。

4-11の5回コールド負けを喫しました。

試合後の反省会では、試合前の準備の在り方等について、全員で見直しました。

不本意な内容の試合をしてしまいましたが、3週間後に迫った東北総合選手権に向けて良い薬にするしかありません。

悔いのない試合ができるよう、残りの期間を大切にしたいと思います。

☆今日のカケル☆

「あと5分ほどで着きます」

と連絡してから、20分以上経過して到着した一コマ