ミズノオープン東北・北海道大会final

2018/10/13

秋田県由利本荘市にて、

残念ながら今回が最後となる、

ミズノオープン東北・北海道大会に出場しました。

定番となっている前日入りからの、

夜更かしからの、

決して万全とは言えないコンディション。

しかし、会場に入れば全員戦闘モードです。

初戦の相手は、

宮城県第一代表の多賀城クラブさん。

くじ運に定評のあるMなぶ監督は、

2年前に練習試合を行い、コテンパンにやられてしまっている強豪を見事に引き当てました。

とはいえ、相手がどこであろうと、

買って美味い酒を飲むだけ。

いざ試合開始。

初回に6点を失い苦しい立ち上がり。

が、直後の攻撃では下位打線が必死で繋いで作ったチャンスに上位打線が応え、

Kずのりのタイムリーヒット、

Mつるの3ランHRで一気に同点!

このまま競り合って終盤勝負…

の、はずでしたが、

その後は試合巧者の多賀城クラブに毎回の得点を許す展開で、

7-14の悔しいコールド負け。

2018シーズンが、あっという間に終わってしまいました。

この悔しさをどこにぶつけようか…

そうだ…

日本海へ行こう…

来シーズンはもっと美味い酒を飲むことを日本海に誓い、宿へと向かいました。

たらふく飲もうと意気込んで臨んだ宴会では、

想定外のボリュームで襲いかかってきた宴会料理の前に、ここでもコールド負け。

平均年齢の上昇も一因でしょうか、

部屋での二次会もそこそこに、

全員が力尽き、

今回の遠征は幕を閉じました。