ミズノオープン男子ソフトボール東北・北海道大会

一昨年の準優勝が思い出される、今大会。

今年は県大会で敗退しておりましたが、地元開催によりオマケで出場させていただきました。

   
 

とはいえ、大会前日の監督会議ではAきのり監督が「一昨年に参加した際は準優勝だったので、今年は優勝目指して頑張ります‼︎」と高らかに宣言。気合十分で臨みました。

…が。

大会当日、ビックマウスAきのり監督がまさかの発熱により超厚着で登場。

少なからず選手は動揺。

しかし監督の顔に泥を塗るわけにはいきません。

一回戦、相手は青森県代表ZERO。
  
序盤から攻撃力の高さを見せつけられつつも、滝沢クラブもなんとか食らいついて抜きつ抜かれつの点の取り合い。

しかし3回裏、強力な打力の前に一挙13失点。

終わってみれば5-17でコールド負け…

監督の顔は、泥だらけとなってしまいました。監督、ごめんなさい‼︎‼︎

今シーズンは、悔しい試合の多いシーズンとなりました。

勝負所でのミスも目立ちましたが、何よりも攻撃力不足が課題として浮き彫りとなりました。

来シーズンはこの悔しさを晴らすべく、部員一同努力して参ります。

今シーズンも様々な方々のご支援をいただき、ソフトボールをさせていただくことができました。この場を借りて、感謝申し上げます。ありがとうございました。

今後とも滝沢クラブをよろしくお願いします。